障害連 特設ページ

コロナ禍が及ぼす

障害者の社会参加の影響に関するアンケート

障害連(障害者の生活保障を要求する連絡会議)

 私たちは、全身性の重度障害者と難病の当事者で構成され、「障害の重い人たちの独立と自由、社会的な自立」をコンセプトにして、当事者の立場からの情報発信、政策提言を行っている団体です。

 

 障害連では、新型コロナウイルスの感染懸念にある社会状況(以下「コロナ禍」)が私たち障害者の社会参加(生活すること、外出すること、活動・働くこと)にどのように影響しているのかを調べ広く共有するため、アンケートを実施することにしました。

 

 コロナ禍では、障害当事者の現状や声は社会から忘れられがちになります。このアンケートは、その現状や声を見える化し社会に伝えていくためのものです。 

 

 内容は以下の通りです。

  • あなたについて(3問)

  • 福祉サービスについて(6問、任意含む)

  • 外出について(4問、任意含む)

  • 活動・働くことについて(4問、任意含む)

  • コロナ禍のくらしに関して、思うこと(1問)

 

 本アンケートは主に「Googleフォーム」というインターネット上の回答欄を用い、回答していただければと思います。アドレス(URL)は下記の通り。ただし電子メールや郵便でも受付けています。

 回答期間は、2021年3月31日までとしますが、4月以降も受け付けています。

 

 アンケート結果は個人が特定されないように集計した上で、障害連ホームページに掲載します。また行政交渉など障害連の活動に活用させていただきます。

 

 上記の趣旨に賛同していただける方は、回答のほど、よろしくお願いいたします。

【連絡先】

障害者の生活保障を要求する連絡会議(障害連)

   《障害連HP》http://www9.plala.or.jp/shogairen/

 

   《メール》shogairen@infoseek.jp

                       (件名に「アンケート」と書いてください)

回答方法

  • インターネットのアンケートは、以下から入れます

アンケート(Googleフォームが開きます)

  • •電子メールでの回答の場合、以下から回答用紙をダウンロードしていただき、メール添付をしてください

回答用紙(Wordファイルをダウンロードします)

  • •    ダウンロードができない方、郵送を希望される方は、連絡をください